江古田

【我らが青春】「お志ど里」閉店を偲びまして

更新日:

どうもこんにちは、オーナーのシミズです。

ブログの方では、江古田のランチ情報を発信しています。

その時にちょくちょく登場する「お志ど里」というワード。

これで「おしどり」と読みます。

逆に「おしどり」って音はよく聞くけど、「お志ど里」という漢字を当てるって知らなかった人もいるんじゃないでしょうか。

大学1年のときから「おしどり、おしどり」って言っていて、おしどり夫婦に当てる漢字の鳥の事かと思っていえ違うということに気づいたのは、大学3年になってからでした(笑)

江古田をあまりご存知ない方にとっては「『お志ど里』ってなんやねん」って感じだと思いますので、今日は私の「お志ど里」の思い出と共に、「お志ど里」のことを紹介したいと思います。

すべてのお志ど里ロスの皆さんへ届きますように!

江古田のシンボル的存在「お志ど里」

「お志ど里」は、1973年から続いていた大衆居酒屋です。

江古田を知る人ならだいたい「ああ、あそこね」ってなるくらいみんな知ってる江古田のシンボル的なお店です。

居酒屋でありながら、定食メニューも充実しているので、大学時代はよく学校帰りにいっていました。

ご飯を食べたり、飲んだり、宴会をしたり、何かとお世話になっていました。

 

「お志ど里」突如閉店へ

社会人になってからも江古田で集まるときはしょっちゅう行き、goonie cafeの開店準備中も手伝いに来てくれた友人を連れてよく行っていました。

ふらーっとご飯食べに行こうと思い、いつも通り「お志ど里でいいよな?」「ええよ!」という毎度の会話をして向かうと、臨時休業の張り紙が……

そのときは、「早く再開しないかなー」くらいでしたが、まさかそのまま閉店になってしまうとは夢も思わず、「だったらあれ食べときゃ……これも……」と残念な気持ちでいっぱいでした。

 

「お志ど里」の思い出

大学の友人はじめ各方面から悲しみの声が上がっている「お志ど里」閉店。

私自身もたくさんの思い出が詰まっている場所がまた一つなくなってしまうのは寂しい限りです。

そこで携帯に残っていた「お志ど里」の写真で思い出を振り返ろうと思います!

だいたい行くと、このサービス定食から注文してました。

人気は、もつ煮定食。

安くてすぐ出てくるんですよね〜

頼む人多かったなぁ

 

私は生姜焼定食一択。

もう何回食べたかわからないくらい毎回これを食べていました。

ボリューム満点で、付け合わせのマカロニサラダが地味に嬉しい一品で、お麩とネギの味噌汁はどこか懐かしい味。

水平に盛られたご飯。

もうこれも食べられないのかぁ。

なんだかひとつひとつのメニューに、「あいつはいつもあれ食べてたなぁ」って思い出があって、これまた寂しくなりますねぇ

 

どんどん江古田も変わっていきますが、悲しんでばかりもいられないので、我々が次の江古田のシンボル的なお店になれるように頑張っていきますよー!

それでは!

 

【2018年11月22日更新】

11月に入り、お志ど里の建物の解体工事が始まっていました……

このあとに建つ建物の中にお志ど里が入るという噂もありますがどうなんでしょう。

 

先日の日芸祭では、お志ど里の看板が再現されていました!

なかなかのクオリティー!

 

-江古田

Copyright© goonie cafe -東京・江古田のボードゲームカフェ- , 2020 All Rights Reserved.