いってきた

ボードボード@名古屋・大須|名古屋ボドゲ探訪記

投稿日:

名古屋ボードゲーム探訪記第二弾は、ボードゲームカフェ「ボードボード」さんです!

さっそく行ってみましょ〜!

お店まで

最寄り駅は、名古屋市営地下鉄の上前津駅です。

8番出入り口から出ると近いです!

 

雨の日でも濡れるにお店までいくことができます!

 

途中、招き猫にボードゲームの必勝祈願♪

 

ボードボードさんは、この東仁王門通りにあります。

 

途中いろんなお店もあるので、観光にもいいですね〜

 

階段を登って、2階へ!

 

和風な扉を開けて、いざ店内へ!

 

秘密基地のようなボードゲームスペース!

店内は、コンクリート打ちっぱなしのおしゃれな内装♪

どこか秘密基地のようでわくわくしますね〜

 

店内の壁一面がボードゲームスペースとなっています!

一箇所に凝縮されていて圧巻!

 

小箱もジャンルごとに小分けされていてわかりやすい!

 

店長さんイチオシの「DESCENT(ディセント)」!

内容も箱も超ヘビー!

 

ボードゲームは、大箱の重ゲーが多い印象♪

初めて見るゲームもたくさんありました!

 

他のボードゲームカフェと差別化をはかるために重ゲーの種類を多くしているんだとか!

めったにお目にかかれないレアなゲームに出会えるかもですよ〜

 

重ゲーを快適にプレイできる大きなテーブル!

正方形なのでよりプレイしやすそうですね〜

 

料金プランはこんな感じ!

 

ドリンクメニューはこちら!

ワンドリンク制となっています。

 

店長さんにいろいろ聞いてみた!

店長の田口さんにいろいろ聞いてみました!

ーー「ボードボード」の店名の由来は?

「店名から店のサービス内容が連想できること・わかりやすいこと・検索で絞り込まれやすいこと」を軸に、数十の候補を出して選びました。

何の店かわかって、難解でないことを優先しました。

 

ーーお店のコンセプトは?

ボードゲームになじみが薄い方には、新しい楽しさを知る場。個人では手を出しにくい大型ゲーム、プレミアゲームを体験できる場かつてのゲームセンターのような、ゲーマー同士のコミュニティとしての場、です!

 

ーーお店のアピールポイントは?

「ボードゲームカフェならこれがないとね」的な定番から入るのではなく、どこかの誰かのツボに大きく刺さるような尖ったゲームや、マニアックなゲーム、重いゲームをどんどん揃えて行きたいです!

 

ーーどんなタイプのボードゲームが多いですか?

濃いゲームが多いです。

レアであったり、プレイ時間がかかったり、知られていないけれど実は面白い、というゲームを狙って揃えています。

同時に、初心者お断り路線ではなく、気構えや予備知識なしで楽しまれることが理想という前提を置いています。

 

ーー店長オススメゲームを教えてください!

ドラゴンバスター(86年ナムコ)

当店目玉のナムコファンタジーボードゲーム3作の一つで、30年前のビデオゲーム原作のボードゲームです。

同名アーケードゲームの要素をうまくアナログゲームにコンバートして、ファンタジー世界の冒険感や、元のゲームを知っていればニヤッとできる要素が多数あります。

今や入手難のゲームなので、ぜひプレイしてみてください!

 

Descent Journeys in the Dark 初版

FantasyFlightGamesのダンジョン探索ゲームで、超重量級ゲームとして有名です。

このゲームは当店オープン時の目玉の一つで、先日、香川県よりこのゲームの愛好家の方にご来店いただき、店長も交えてプレイさせていただきました。

1クエスト6時間ほどかかりましたが、とにかく面白かったので、名古屋でDescent初版が遊べる場として積極的にプレイする機会を提供させていただきたいです。

インストも当然やります。

挑戦者常時お待ちしております!

 

宇宙船カタン

1対1に特化したカタンです。

各プレイヤーは自分の宇宙船を強化しつつ、植民地の獲得や貿易を行いつつ宙域を探検していきます。

そこそこプレイ時間はかかりますが、資源管理や成長要素など、把握しなければならない要素が多すぎず少なすぎず、コンポーネントもリッチで、よいバランスのゲームです。

 

ーーボードゲームカフェを開こうと思ったきっかけは?

ボードゲームプレイスペースに足を運んで大変面白く、自分たちでもやってみたいと思いました。

同時に、弊社で運営しているメイドカフェの裏に使っていないスペースがあり、そこで実現できると考えたからです。

 

ーー大須のいいところは?

新旧が同居して、さまざまな価値観が受け入れられる多様な街、サブカルやオタクから伝統的なお店、最近流行りの店までが同居していて、なおかつ人が集まり活発で規模も大きい街です!

 

ーー今後どんなお店にしていきたいですか?

「〇〇といえば大須のボードボード」と言われるような、こだわりのあるゲーマーさんに認知されるような店舗を目標にしています。

 

ーーこれからボードボードに来る人に向けて一言!

ウチにないゲームはもちろんたくさんありますが、ボードボードならではのラインナップ、プレイ環境を用意してお待ちしております。

ぜひ一度覗きにきてください!

 

店舗情報

「ボードゲームカフェ・ボードボード」

住所:名古屋市中区大須3-38-13 キクヤビル2F

アクセス:名古屋市営地下鉄 名城線/鶴舞線 上前津駅8番出口徒歩7分

電話番号:052-252-7156

定休日:火曜日(祝日や大型連休時は営業)

営業時間:13時〜23時

予約:可(店頭・電話またはツイッターDMにて)

相席:希望により可

飲食:ドリンク提供あり、フード提供なし

ドリンク持ち込み:不可、フード持ち込みOK

ボドゲ販売:販売なし

ゲームの持ち込み:OK

TRPGセッション:OK

HP情報:https://board-board.net/

SNSの情報:https://twitter.com/oosuboardgame

-いってきた

Copyright© goonie cafe -東京・江古田のボードゲームカフェ- , 2020 All Rights Reserved.