いってきた

ゲームストア・バネスト@名古屋・黒川|名古屋ボドゲ探訪記

投稿日:

今年の夏、名古屋と京都のボードゲームカフェやショップを回って来たので、行ってきたお店をまとめたいと思います!

名古屋ボードゲーム探訪記第一弾は、ボードゲームストア「バネスト」さんです!

お店まで

地下鉄名城線黒川駅の3番出口から徒歩10分ほどです。

 

鮮やかな緑色の屋根が目印です!

 

看板も出ているので、わかりやすいです!

閑静な住宅街の中にあります。

 

凝縮されたボードゲーム空間

店内には所狭しとボードゲームが並んでいます!

ゲーム好きにはたまらない空間ですね♪

 

店内のボードゲームはすべて店主の中野さんがどんなゲームかを教えてくれます!

どんなゲームを探しているのかを伝えて、オススメを聞いてみるのもいいですね♪

 

大箱から小箱までありとあらゆる種類のボードゲームが揃っているので、初心者から上級者まで楽しめます!

 

天井までビッシリとボードゲーム!

他、カードスリーブも各種取り扱っています。

 

店長さんにいろいろ聞いてみた!

店長の中野さんにいろいろお話を聞いてみました!

ーー店名の由来は?

実はボードゲームとは全く関係ない用語から来ています。

今から20年くらい前に、スペインにある銀行、バンコエスパニョールクレジット(スペイン信用銀行)から取りました。

その銀行は実はもうありません。

金融危機とかで消えていってしまいました。

そんな今はないスペインの銀行からとっています。

 

ーーお店のコンセプトは?

ゲームが好きな、ゲームを遊びたい人をしっかり後押しできるお店です。

あとはこの趣味を順番に、いろんなことがわかったり、腕を上げたり、いろんな楽しみ方ができるようなったりをお支えできるように考えています。

好きな方がここで好きな形で集まってコミュニケーションを取れる、コミュニティを作れるという形も考えています。

店とみんな、みんなとみんな、いろんなかたちの交流スポットとしてできるようにも考えていますし、ここでいろいろなノウハウの交換なんかもできるようにという形で今は動いています。

 

ーーお店のアピールポイントは?

まずはここでしかないアイテムをどう出すかという独自性はいつも考えています。

例えば仕入れもそうですし、どういったものがお客様にうけるのか、まだまだ見ぬゲームはあるはずだということで、そこの好奇心を失わずにいろいろやろうというのがひとつあります。

次に、少しずつでもノウハウをどういう風に伝えることができるのかとか、ゲームの考え方をどうすり合わせることができるのか、初心者さんがこの趣味を理解するにつれて、見えなかったものが見えるようになったときの好奇心や面白み、腕が上がったときの喜びを体感できるように自分たちがどうアピールできるかということも考えてやっています。

あと、ここの掲示板を活用することによって、いろんな人達がいろんな形で接点を取れるようにと思っています。

掲示板にはいろいろなことが書かれているので、そこから他のゲーム会やゲームカフェに行って、そこでもバネストを知ってもらうという横のつながりを作れるようなということも念頭において活動しています。

縦のつながり、横のつながり、いろんなつながりをちゃんと見れるようにこれからも努力していきたいと思います。

 

ーー店長オススメゲームを教えてください!

フォトフィニッシュ

これはバネストにしか売ってませんが、私はもっと評価されていいゲームだと思っています。

このゲームは、レースをテーマにしたゲームで、盤面の障害物とかガソリンタンクで加速するといった効果から赤、黄、緑の車の順位がどうなるかを盤面を見て当てるゲームになります。

 

コードネーム

コードネームは私は大好きです(笑)

今、いろいろコミュニケーションゲームはありますが、赤チーム青チーム分かれる連想ゲームで、良いところは2つあります。

1つ目は、奇数でもちゃんと機能することです。

2つ目は、コミュニケーションゲームでありながら戦う要素があって、勝ち負けがしっかり出るところです。

 

グローブトロッター

これもうちで販売していてオススメです。

世界一周をテーマにしたゲームで、手札から場札に対して連鎖するようにカードをだしていくゲームです。

ウノに似ているんですが、このゲームは手札の連鎖をどう組むかが重要になります。

 

ーーボードゲームショップを開こうと思ったきっかけは?

自分の中ではゲームはできる、ゲームをする場所とか人とかのある程度の余裕はあったんですが、この趣味に対してどう貢献できるかといったときに、新しい刺激も欲しかったですし、この趣味に貢献するために頑張ろうと思えるきっかけがいくつかありました。

そして、挑戦もありました。

儲かる儲からんよりも果たしてこの趣味が次のステージ、並びにもっと皆さんにどれだけ知ってもらえるかもそうだし、いろんな広がりがさまざま見つけられるかという挑戦になります。

そのために自分自身は体はあいていました、そして今の場所もあいていました、お金の工面もつきました、そうしたときに今までのようなサークル活動とか個人の形ではなくて、何らかの形で事業体で動かないと説得力が発生しないだろうということで実際に店を立ち上げるという形に至りました。

最初の頃はだいぶ苦労しました。

大きく行き詰まったこともありますが、今の状態、並びにこれからの先の未来を諦めずに続けてきたのは事実です。

それを信じて挑戦するために店を開くに至りました。

 

ーー名古屋はどんな街ですか?

名古屋は日本のいろんなところから来やすい場所だと思っています。

名古屋からだと日本中どこでもおおむね1〜2日で届く距離にあります。

人口もそこそこあって、すごく住みやすい街で、独特な文化や風習もあってそれに誇りを持てる街だと思います。

特に、黒川はいろいろお店もあって、バネストに来られる方がいろんな食事を楽しめるようにHPにまとめたりもしています。

 

ーー今後どんなお店にしていきたいですか?

自分が苦手だと思っている領域、例えば映像とか大規模な出版に携わったり、もっと広い場所に移ってゲームサロンをを持つこともあると思います。

これまで自分が得意じゃなかったところにアプローチをして、さまざまな経験を積んでいきたいと思います。

来年20周年になりますので、それまでになにか形できたら良いなと思っています。

 

ーーこれからバネストに来る人に向けて一言!

ここには700種類のゲームが常時あります。

いろんなゲームをされる方、ゲームに興味を持っていらっしゃる方の後押しができればいいなと思っています。

ゲームって面白いの?ゲームって難しくないですか?ってよく聞かれるんですが、ゲームって娯楽用品ですので、遊ぶ道具である以上気楽に楽しんでほしいと思います。

また、みんなで仲良く遊ぶという意識を持って遊べば決して裏切ることはありません!

そんな気軽な心がけで遊んでいただければと思います。

 

店舗情報

住所:名古屋市北区西志賀町4-15

電話:052-910-0025

メール:banesto@cside9.com

定休日:木曜日

営業時間:平日12:00-21:00 土日祝12:00-18:00

HP:https://banesto.nagoya/

Twitter:@banestolive

アクセス:地下鉄名城線黒川駅3番出口徒歩10分

-いってきた

Copyright© goonie cafe -東京・江古田のボードゲームカフェ- , 2020 All Rights Reserved.